Philisophy/Culture

理念・文化

  • Mission

    企業に、
    もっとITを。

    様々な物事が、テクノロジーファーストの呼び声で凄まじい速度で進化している。
    すべての人・企業を便利にするはずのITが、その速度についていける一部の人のためのものになっている。
    シータグはアナログとデジタルをつなげ、すべての企業・人とテクノロジーを結びつけ、ITに誰も置き去りにされない仕組みづくりを担う。

  • Vision

    応援される
    人を育て、

    応援される
    企業に。

    応援される人は、個の力を超えた、大きな仕事を成し遂げる。
    応援される人はまた別の誰かを応援している。
    応援される人が集まる企業は、また別の企業を応援し、応援され、より大きな仕事を成し遂げる。
    人の数だけ続く応援のループの中で、想像を超えるような事業を作り上げる。

  • Value

    特定の領域で勝ち続ける
    サービスを作る

    妥協点を探り、現実に落とし込むことは基本だが、それで勝てるのか?という視点を大事にしている。
    誰よりも勝つことにこだわりたい。

    イノベーションより、
    リノベーション。

    リノベーションとは価値を再定義すること。「今あるもの」が資産という形で管理されている企業向けのビジネスを行う上で、「今あるもの」をより良く使うことは、新しいものに替えることより価値があることだと認識しよう。

    効率より、没頭

    不格好でも、無駄になっても、夢中になって物事に取り組む姿勢を尊重する。頭の中で考え込むばかりになったら、手を動かし行動してみたくなることをやろう。個人も企業もその方が得られるものが多いということを意識しよう。

  • Calture

    もらうより、
    与える。

    人は、何かをしてもらうより、何かをすることに喜びを感じる生き物である。本当に相手のことを思い、見返りを求めずに行う行為は、応援という形で返ってくる(返したくなる)ことを意識しよう。

    遊び心をもつ

    ときには単調でつまらない仕事も、どこか人の心に残るポイントをつくる。
    メンバーそれぞれの遊び心こそが、シータグの個性となり、唯一無二の存在感につながる。

    無駄のないストレスを

    成長のトリガーとなる良いストレスと、心を蝕むだけの無駄なストレス。ストレスには2種類ある。
    仕事はストレスフリーではない。良いストレスを選び、手を伸ばせば届く目標を何度もクリアし、成長していく。